占いにおける昭和生まれと平成生まれの違い

平成になって20年以上が過ぎ、少なくない平成生まれが職場でも働いている昨今、昭和生まれの人にとってはジェネレーションギャップを感じている人もいるのではないでしょうか。
また最近増えつつあるのが、夫婦で年のかなり離れたいわゆる「年の差婚」です。
男性が年上の場合もあれば女性が年上の場合もありますが、もちろん一方が昭和生まれ、もう一方が平成生まれといったケースもあります。
そこで気になるのが、そんなカップルのジェネレーションギャップです。
ここでは占いから見た昭和と平成のジェネレーションギャップや相性などを見てみたいと思います。
そもそも昭和生まれと平成生まれとでは占い方に違いはあるのでしょうか。
結論から言うと、どちらも同じです。
というのも、占いで生年月日を用いる際には西暦を使うからです。
また、昭和と平成だからと言って相性に影響することもありません。
相性を占うには周期や時間の流れといったものから判断するのが基本なので、ただ時が流れて年号が変わっただけで何かが変わるということはないのです。
現存する多くの占いは古代エジプトや古代中国などに発祥しており、その時代から脈々と伝わっていることからもそれはわかるでしょう。
したがって、占いの要素からして昭和生まれや平成生まれが影響されることはないといって問題はありません。
ただ、その時代時代における社会や環境などが性格などに影響を与えることは十分あり得ますから、そのために占いが変わる場合も考えられます。
むしろ占いでの相性云々というよりも、ジェネレーションギャップによる考え方の違いが二人の関係を左右することのほうが多いのではないでしょうか。
たとえばバブルのころに青春を送った人と、日本だけでなく世界経済も収縮した先行きの不透明といわれるころが青春だった人とではいろいろな点で考え方が違って当然です。
昭和生まれだから、平成生まれだからといった年号にこだわるのではなく、生きた背景の違いを抑えるべきでしょう。

新入社員が興味を持つ占いって?

新しい年度が始まると、職場には新入社員を迎えるところがたくさんあります。
新入社員というと希望と期待に満ち溢れていると思いがちですが、必ずしもそうではないようです。
というのも、学生時代とは異なり自由は聞きませんし責任も出てくる、上司や先輩の言うことは聞かなければならない、などなどいろいろと気を遣ったり悩んだりすることも多いのです。
そんな新入社員に人気なのが占いというとちょっと意外に思えるかもしれませんね。
でも、社会に入ってそんな悩みや迷いを占いで解決したいという人も多いのです。
新入社員が最も好んで占うのが、相性診断だそうです。
それも職場の異性との相性などではなく、上司や先輩といった人との相性なのです。
やはり仕事がうまくいくかいかないかは職場の人間関係が大きなウエイトを占めますからね。
占いで相性がいいと出ればそれから気は楽になるし自然とうまくいくでしょうし、ウマが合わないというならそれ相応の対処法を考えなければなりません。
社会人になるといろいろと悩みや迷いが次から次へと生じてくるのは当然です。
最初のうちは上司や先輩との相性なんて軽いものを占っていても、そのうちもっとシビアな事柄を占わなければなければならなくなることでしょう。

おすすめ参考サイト:人気鑑定師が多い電話占いマヒナにいついて紹介します