有料と無料の鑑定はどこが違うのでしょうか?

太古から占い師は特別な存在として崇められていました。骨を焼くことで、そのヒビの入り具合から、ものごとを決めていた時代がありました。さすがに、今はそんなことで政治を動かすことはありません。占い師の立場はそうとう高い位置にあったのでしょう。

最近の占いシーンはどうでしょうか?インターネットで気軽に占ってもらえたりします。無料でお試しできるサイトも多いです。大きな占いの世界の転換点に来ているのが現在です。無料の占いが主流になると、お金を取って生活していた鑑定師は失業してしまうことになります。

ところで、有料と無料の鑑定はどこが違うのでしょうか?
端的に言えば、アフターケアがあるかどうかとか、さらに深いところまで知ることができるかどうかです。
無料の鑑定の場合は紋切り型のアドバイスで表示されるだけ。有料の鑑定は、その人個人にあった鑑定になり的確なアドバイスになります。

無料の占いサイトを見てみればわかりますが、最終的にどれを選択したら良いのかは個人任せ。曖昧になっています。有料の場合は、ズバリを言ってもらえます。有料の場合はお金も時間もかかります。

関連記事です