バービーせふれコメディアンを目指すEさんの五人です

男女が集うサイトは、嘘の請求などの悪質な手口を実行して利用者の持ち金を奪い去っています。
その戦術も、「サクラ」を動かすものであったり、元々の利用規約が不法のものであったりと、多様な方法で利用者を欺瞞しているのですが、警察に知られていない事例が多い為、まだまだ明かされていないものがいくらでもある状態です。
殊に、最も被害が甚大で、危険だと思われているのが、小女売春です。
誰がなんと言っても児童買春は法律で規制されていますが、せふれサイトの限定的で極悪な運営者は、暴力団と交えて、知っていながらこの児童を使った戦法で利用ユーザーから大金を漁っています。
この事例で周旋される女子児童も、母親から売られた「物」であったり縺れた事情のある人物であったりするのですが、暴力団は高々利益の為に、事務的に児童を売り飛ばし、せふれ掲示板と合同で上前を撥ねているのです。
わけありの児童だけかと思いきや暴力団と交流のある美人局のような手先が使われている実例もあるのですが、往々にして暴力団は、女性を売春対象にして使うような犯罪を実践しています。
もちろん急いで警察が監督すべきなのですが煩わしい兼ね合いがあって依然として取り締まりの対象にならない情勢なのです。
前回ヒアリングしたのは、まさに、現役でゲリラマーケティングのパートをしていない五人の若者!
欠席したのは、メンキャバを辞めたAさんせふれ 恋愛感情現役大学生のBさん、クリエイターのCさん、某音楽プロダクションに所属する予定のDさん、コメディアンを目指すEさんの五人です。
筆者「では先に、取りかかるキッカケから聞いていきたいと思います。Aさんは後ほどお願いします」
A(メンキャバキャスト)「おいらは、女性心理が分からなくて始め方がわかりませんでした」
B(男子大学生)「オレは、稼ぐことが重要ではないと考える間もなく始めましたね」
C(芸術家)「オレは、オペラ歌手をやっているんですけど、まだアマチュア同然なんでさっぱり稼げないんですよ。大スターになる為には目立たない所からこつこつ下積みするのが大事なんで、、こういう経験をして、とりあえずアンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(タレント事務所所属)「わしは、○○ってタレント事務所で音楽家を養成すべく励んでいるんですが、一度のコンサートで500円だけしか頂けないんで…先輩が教えてくださったサクラのバイトを始めたんです」
E(若手ピン芸人)「お察しの通り、自分もDさんと近い状況で、1回のコントで数百円の倹しい生活してるんです。先輩に教えて貰って、ステマのバイトを開始することになりました」
あろうことか、五名中三名が芸能事務所に所属しているという普通のメンバーでした…、けれども話を聞いてみたら、彼らにはサクラ独自の苦労があるようでした…。

関連記事

Comments are closed.

Post Navigation