大阪女子大生援交急にいい話がくるような職業の人種には正に求めているものなんですよ

ライター「もしかして、芸能界に入るにあたって修業中の人ってサクラでお金を貯めている人が多数いるのでしょうか?」
E(某業界人)「そうだとよく耳にします。サクラのアルバイトって、シフト割と自由だし、僕らのような、急にいい話がくるような職業の人種には正に求めているものなんですよ。イレギュラーな空き時間にできるし貴重な経験の一つになるし…」
C(現アーティスト)「人生経験になるよね援助交際 SNS女性として接するのは苦労もするけど俺らは男目線だから、自分の立場から言われたいことを向こうに送ればいい訳だし、男側の心理はお見通しだから、相手もやすやすと飛びつくというものなのですよね」
A(メンキャバ勤めの男性)「本当は、女の子のサクラはユーザーの心理がわかってないから正直下手っすよね」
著者「女性のサクラより、男性のサクラのに比べて秀でているのですか?」
D(芸能事務所所属男性)「そうです。秀でた結果を残しているのは大体男性です。といっても、僕なんかは女の役を作るのが上手じゃないので、いつもこっぴどく叱られてます…」
E(某芸人)「知られている通り、正直者がバカをみる世ですからね…。女性になりきるのが思ったより大変で…俺も頑張っているんです」
筆者「女性の人格を演じ続けるのも、かなり苦労するんですね…」
女の人格の成りきり方についての話が止まらない一同。
その会話の中で、ある一言につられて、自称アーティストだというCさんに視線が集まったのです。

関連記事

Comments are closed.

Post Navigation