急に必要とされるような職業の人にはばっちりなんですよ310エロイプエロイプ掲示板

質問者「もしや、芸能界の中で売れていない人って、サクラで生計を立てている人が多数いるのでしょうか?」
E(某有名人)「はい、そうですね。サクラで収入を得るのって、シフト他に比べて自由だし、私たしみたいな、急に必要とされるような職業の人にはばっちりなんですよ。事前に読めない空き時間にできるし、貴重な経験の一つになるし…」
C(とある有名アーティスト)「貴重な経験になるよね、女として接するのは簡単じゃないけどこっちは男目線だから、自分が言ってほしいことを相手に伝えればいい訳だし、男心はお見通しだから相手もやすやすと食いつくんですよね」
A(メンキャバスタッフ)「反対に、女の子のサクラは男性の心がわかってないから本当のところを言うと下手っすよね」
ライター「女のサクラより、男のサクラの方が秀でているのですか?」
D(とある芸能事務所在籍)「はい、そうです。優秀なのは大体男性です。しかしながら、僕みたいなのは女性キャラクターを作るのが下手っぴなんで、いっつも激怒されてます…」
E(とある芸人)「言わずとしれて、不正直者が成功する世の中ですね…。女性になりきるのが結構大変で…僕らも苦労してます」
ライター「女性の人格を成りきるのも、かなり大変なんですね…」
女性の人格の成りきり方についての話で盛り上がる彼女ら。
その途中で、ある一言につられて、自称アーティストのCさんに向けて興味が集まりました。
先月インタビューを成功したのは、実は、いつもはサクラの契約社員をしていない五人のおじさん!
欠席したのは、メンキャバを辞めたAさん、貧乏学生のBさん、クリエイターのCさん、某タレントプロダクションに所属していたDさん、お笑いタレントを目指すEさんの五人です。
筆者「始めに、辞めたキッカケを聞いていきます。Aさんからお話しください」
A(メンキャバ就労者)「わしは、女心なんか興味なく始めるのはやめました」
B(普通の大学生)「わしは、荒稼ぎできなくてもいいと思いながら始めましたね」
C(歌手)「小生は、シンガーソングライターをやってるんですけど、まだ素人同然なんで満足できるほど稼げないんですよ。大スターになる為にはくだらないことでもこつこつ下積みするのは不本意ですが、こうしたバイトもやって、一旦アンダーグラウンドな体験を増やそうと思って」
D(有名芸能事務所所属)「おいらは、○○って芸能事務所に入ってパフォーマーを目指し励んでるんですが、一回のリサイタルで500円しか入らないんで…先輩が教えてくださったサクラのバイトを嫌々やってるんです」
E(コント芸人)「実を申せばエロイプ募集 無料うちもDさんと似た感じで、コントやってたった一回数百円の快適な生活してるんです。先輩に教えていただき、ゲリラマーケティングのバイトを始めることにしました」
意外や意外、五人のうち三人ものメンバーが芸能プロダクションに所属中という華々しいメンバーでした…、やはり話を聞いてみるとどうも、五人にはサクラ独自の心労があるようでした…。

関連記事

Comments are closed.

Post Navigation